2012年04月28日

谷雨のお菓子

二十四節気の一つ「谷雨」日本語だと「穀雨」

4月16日に稲香村に冷凍餃子を買いに行ったら出てましたよ、谷雨のお菓子。
IMG_0964.JPG
なぜ、あんまりテンションが高くないかと言えば、それは稲香村のこの二十四節気シリーズの商業的な香に気がついてしまったから。
だってさ、谷雨にお菓子食べる習慣なんてないし。
その季節に採れるからという理由だけで、お菓子には適さないであろう香椿とか入れちゃうし。

IMG_0965.JPG
ビジュアルもこんなだし。

IMG_0966.JPG
結果的に香椿を入れたのがそんなに悪いか、と言えばそこまで悪くない。
でもこのお菓子をもう一度食べたいかと問われれば、答えは「不要」

しかもこれ、稲香村ならもっとおいしく作れたと思う。
マーガリンたっぷりの外側の部分、これを思い切っていつもの稲香村のあのパサパサと批判する人もいるパイ生地にして、もう最初から「甘くない食べ物」として作ってしまえば私はこのお菓子をもっと愛せた!
次は立夏だが、果たして限定菓子は出るのだろうか。そしてゆみこは買ってしまうのだろうか?

IMG_0963.JPG
豚肉ウイキョウ餡の餃子ラブ揺れるハート

2012年04月27日

イチゴ狩り

2年ほどまえの6月に旧ブログで可愛いバックマージンというタイトルで記事を書いた。
その時に「来年は絶対いちご狩りにいく」と宣言しているが、去年は実現ならず!
そんな時に某旅行会社で働く友人から「ゆみちゃん、いちご狩りに行こう。お昼とお土産もついてるよ。」と誘われ、同い年の女6人で参加することにした。4月15日の出来事である。

当日向かったのは昌平という北京の郊外。
市内からは高速で約1時間ちょっとというところだろうか。
昌平市、どうやらこのイチゴの商売が大当たりしているらしく、街のいたるところに変なイチゴのオブジェが設置されている。ハンプティダンプティのイチゴちゃんバージョン(可愛くない)とか、巨大なイチゴとか、どうもイチゴで儲けて浮かれているイチゴバブルな感じが匂ってる。ちょっと前には「世界イチゴ博覧会」なるものまで開かれたというから中国巨大イチゴ産地としての地位を確立したのか、昌平市!?

IMG_0945.JPG
見渡す限りこのような半レンガのビニールハウスが続く。本当にどこまでも続く。
オールビニールではなく半レンガなのは、夏の高温と冬の超低温対策ではないかと推測。


IMG_0948.JPG
中に入るとこのようにビニールコーティングされた畝に、いちごがズラーッ。
こんなに広大な土地なのに、山ほどビニールハウスもあるのに参加者は一つのビニールハウスに押し込められ、ここで摘めと言われる。
最初は結構楽しくて、無言で赤くて大きいのを探して摘んでいたがしばらくしたら飽きてきた。
だってさ、その場でも食べ放題なのかと思ってたら一人3粒までとか言われるし。(みんな守ってなかったけど)
どうやら入場料がないので、摘んだ分を買って帰れというシステムらしい。
友人達が一パックで満足している中、おすそ分け分も買って来いという指令を受けていたのでなんとか二パック分を摘んだけど、いちご農家の皆さん、来年は先に積んでパック詰めしたのも販売すると利益がもっと出ると思うよ!
ってここで書いても伝わらないだろうけど。

イチゴ農家のおばちゃんは、大勢のお客さんにいそいそとイチゴを入れるパックを配りながらも、子供がスイカ栽培の紐に触らないように注意。
そうイチゴの季節が終わったら次はスイカの出荷時期だからね。イチゴの畦の隙間にも野菜を植えたりして、そしてその野菜も「摘んでいいわよ(もちろん有料)」とぬかりないおばちゃん。
「イチゴ栽培始めてから何年ですか?」
「ウチはね、まだ3年なのよ。うふふふふふ。」

ああ、そのうふふふに「儲かってるのよ〜」という言葉が透けて見えるよう。

IMG_0951.JPG
広大な土地にいろんな人が管理するイチゴハウスがあり、私達がお世話になったのは魏さんのハウス。

大きな道路沿いには「イチゴ狩り」とダンボールに書いたプレートを持っている人がいて、希望者がいれば三輪タクシーでこういうハウスへ連れて来るというシステムもできていたので、バスなどで昌平のイチゴ地区に来て、自力でいちご農家にたどり着く事も可能。
ちなみにこの日のイチゴ狩りツアーはバス代、昼食代、お土産(イチゴ250gくらいかな)が付いて218元。
豪華なバスで行けたのは楽だったけど、お昼はお世辞にも美味しいとは言えなかったし(所謂あまり行けてない田舎料理)、次回はやっぱり自力を選択かな。
小さいお子さんを連れた方が多かったので、そういう方達はベビーカーの運搬も楽だしツアー利用は悪くないと思う。
(でも、おにぎりとか作って来たほうが良いと思うけど)

いちごは500g35元。
市場で買うより随分高いんだけど、味を思えば仕方ないと思える。
IMG_0983.JPG
真っ赤で甘くて美味しいイチゴちゃん♪

オマケ:
IMG_0952.JPG
市内だと空調修理とか、インターネット接続とか、証明書手続きとかの電話番号が多いが、さすが昌平!「井戸掘りします」の電話番号が書かれていた。

2012年04月26日

北京の夕焼け

IMG_0967.JPG

ローカル焼肉店に向かう途中の歩道橋の上から。
こういう景色を見ると、北京に住んでてよかったな、と思う。
posted by ゆみこ at 18:30| Comment(2) | わたしの好きな風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月25日

素敵なローカル焼肉

こんにちは、ゆみこです。

最近、結婚指輪をしている指が赤く痒くなりのっぽめがね(夫)に「なんか痒い。アレルギーかな。」と可愛く訴えてみましたが、良く考えたら太って指輪がきつくなっただけ、と思い当たりました。ふっ。

指にまで肉がつく、これはデブスパイラルに入り込んでしまった証。

なんでそんなに体重増加中かというと、日本で3キロ太ったのにも関わらず痩せる努力をしていないから。きっぱり!

で、最近食べた美味しいもの。
IMG_0975.JPG

Yes!焼肉〜!!

IMG_0969.JPG
「いつも行列が出来ていて、前から気になってるんです。」
というHさんの言葉を聞き、このいい感じにローカルなお店に女3人で繰り出した。

このお店、思っていたよりも汚くなく(ゆみこ基準)、居心地も悪くない。Hさんの言うように6時半というのにすでに半分くらい席が埋まっており、後から後から人が来て7時前には満席に。
七輪でジュージュー肉を焼き、ビールをゴクゴク。
あー、なんて楽しいんだろう。
しかも「私、もっと肉が食べたいんです。」と遠慮せず主張できるメンバー。
素晴らしすぎる。
で、このお店、肉も美味しかったんだけど(っていうか、タレがとても美味しかった。あと、焼きたての肉にクミンをパラパラっと降ると美味しいの妖精が光臨するよ!)、一番印象に残っているのは、下のコレ。

IMG_0977.JPG

なんということでしょう!ニラを七輪でそのまま焼くなんて!
Aさんがオーダーする際にお店のおばちゃんが「ニラ。ニラ頼みなさい、ニラ」と有無を言わさない圧力をかけてきたらしいが、おばちゃんがそこまでお勧めするのも納得。
このただ焼いたニラが、本当に甘くて香も良くて、数週間経った今でもちょっと思い出ちゃってお腹空くくらい印象的だった。
ローカル店でビールも3本しか飲んでないのにお会計が一人90元くらいで、「あれ、このお店結構高い?」って一瞬思ったけど、それは店の値段設定が高いのではなく、たんにそれだけの量を食べたからだった…というオチがついた素敵ローカル焼肉店訪問だった。

焼肉はほんの一例で他にもいろいろ食べてるのだが、それはまたおいおい。

2012年04月21日

靴下重ね履き健康法

一度あそこまで気温が上がっておきながら〜〜〜。ここ2,3日の北京は珍しく雨もふったりして、超冷え込んでいる。
そして雨が降ったにも関わらず、空気も悪いのね、北京。

で、北京関係なくて悪いのだが(でもあんまり悪いと思ってないけど)、靴下4枚履き健康法!
ご存知ですか?

シルク5本指靴下を履き、綿の5本指靴下を履き、またシルクの普通靴下を履き、その上にまた綿の普通靴下を履くという健康法らしいのだが、靴下屋の陰謀かもしくは靴屋の陰謀かと思うこの方法、聞いた時は鼻で笑い飛ばしたのだけど…

コレが

侮りがたし!

日本に帰った時に、友人がやっているリフレクソロジーのお店「ブールジョン」で扱っていたのを発見。5本指シルクと薄手の綿靴下(5本指じゃない)を購入し、裏がシルクで表が綿の靴下をお土産代わりに頂いたので、これで実質4枚に!この重ね履き用靴下が普通の靴下と違うのは足を締めないゆったり構造っていうところ。
あまりきついソックスを重ねてはくと、逆に血液循環悪くなっちゃいそうだもんね。

以前から「シルクは毒を出すらしい」という話は聞いていたので、足から私の体の毒がでてゆけばいいさ、ふっふっふと張り切って履いてみると、毒が出たかは全くわからないけれど、万年冷え性の私の足がポカポカに〜。
しかし、さすがに足が大きくなりすぎて靴は履けないので、出かける時は履いてないけど。

パソコンとかに向かって同じ姿勢でいると結構殻身体って冷えるので、社内サンダル可だったらデスクワークの人にもお勧め。

ちなみに「身体がすごく悪い人が履くと毒でシルクソックスが切れる」という都市伝説もあるらしいが、私はそれは信じていない。
そして、はまった人はどんどん靴下の枚数を増やし10枚履いている人もいるという話も聞いたが、それを聞いて、バブル時代にどこまでも前髪を立てていたお姉さん達を思い出したのは私だけだろうか?

我家は絨毯の部屋が一つもないので、この寒さに靴下重ね履きはもうやめられません。



posted by ゆみこ at 19:16| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。