2012年04月16日

中国式「餅」をもらった。

先日中国人の旦那さんを持つ友人Tちゃんを家に招いた。その前日にTちゃんが某SNSに「義理の姉から餅100枚と、巨大饅頭3個、鳥の丸焼き5匹、スーパーの特用袋に入ったニラ1袋etc...(以下永遠に続くかと思われる。超おもしろいのだが割愛)をもらった」と書き込んでいるのを発見。

これは…来るな。

次の日、日本人なのに「ニイハオ、ニイハオ!」と玄関に入ってくるTちゃん。
そして「ゆみちゃん、コレ。」と推定15枚の餅が入った保存袋を良い笑顔で差し出すTちゃん。

「…来るな、とは思ってた。」
「うん。読んでるだろうな、と思ってた。」

と、お約束でちょっと迷惑そうなやり取りをしてみたが、実はこれ大歓迎のお土産。数ヶ月前にも大量な餅に悩むTちゃんからもらった事があり、とても美味しかったので「次に困る事があったらまた頂戴!」と自分から名乗りを上げていたのだ。
Tちゃんが困る日が来るのが意外に早かったけど(笑)

中国式の「餅(bing3)」は日本の餅と全く違う。日本式の餅は「年糕(nian2gao1)」と言う。
中国語で餅と聞くと、大きさ、厚さはわからないけれど、とりあえず粉で出来た平べったい円形の物というイメージが湧く。
Tちゃんがくれたのは、小麦粉と塩のみの少し厚めで油気が少ないまさにメキシコのトルティーヤのような餅。

1日目は味噌で濃い目に味つけした肉と竹の子の炒め物、ニラ玉を巻き巻き。
1日休んで3日目にはタコスにして、ひき肉、チーズ、レタス、トマトなどを巻き巻き。

100枚もらったら笑えないが、自分では作らないのでたまにおすそ分けで頂くのは大歓迎の中国式「餅」なのだった。
あ、Tちゃんからは餅の他に美味しいお茶とチョコも頂いたことも忘れずに書いておく。

2012年04月14日

お花見

今年も友人主催のお花見へ。玉淵譚公園は今年もお花見客で大賑わい。
始めた頃はお弁当を開いて日本式花見をしているのは私達くらいだったけれど、今では中国の人達も日本式花見を楽しんでいる。
お花見弁当、今年は竹の子ご飯とレンコン入りミートボールを作っていった。
やっぱり外で食べるとおいしいなぁ。
日本酒もおいしかった!

下の写真は暖かな気候とお花で愉快な気持ちになり、太鼓を叩く人々。
ただたんにバチを借りて太鼓を叩くだけだが有料である。でも、大人気だった。

IMG_0938.JPG

IMG_0939.JPGIMG_0944.JPG

ソメイヨシノはもう散っていたけれど、八重桜が満開だった。
北京の春は急に気温が上がるのでモクレン、桃、梅、桜、レンギョウなどいろんな花が一気に開花する。
あっと言う間に咲いて、散って、あっと言う間に夏になるんだよなぁ。
posted by ゆみこ at 21:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月12日

自動図書館

IMG_0805.JPG

噂には聞いていた、本の自動貸出機。
先日(といっても数ヶ月前だけど)本物を発見!!
どうやら身分証明書を読み込ませることで借り手が登録されて、ズラーっと並んだ本の番号から自分の読みたい番号を入力すると下からガコンと出てくる方式らしい。
私が写真を撮っていたら、常連らしいおじさんが慣れた手つきで手続きして借りていた。

こういうのが街角に設置されるくらいなので中国は図書運動が盛んなのかと思ったけれど、小学校には図書館がない学校も多いらしく、中国人の旦那様を持ち現地の学校に子供を通わせる友人は「児童書の良いのを見つけるのがなかなか大変なんだよね。」と嘆いていた。
中国の小学生は宿題の量が半端じゃないらしいので、本を読んでる暇はないのか?
それとも最近メキメキと高くなってきてはいるけれど、中国は日本に比べて本の価格が安いからみんな買うのだろうか?
posted by ゆみこ at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月06日

北京は春うらら

ちょっぴり日本に戻ってました。

帰ってきたら北京は春うらら。
ポカポカと気持ちの良い春の陽を浴びて、必死で柳をむしるおばちゃん達の姿が輝いて見える。
たしか柿を取るときにも活躍していた、先にフックがついた長い棒を使って上のほうの枝も手繰り寄せてブチッと勢い良くむしっている。
今晩は柳の芽のおひたしですかね?

もうすぐ綿だらけの季節到来。
posted by ゆみこ at 19:27| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。