2012年05月01日

茎レタス

週に1回、潤田農園から有機野菜を配達してもらっている。
食の安全が大切というのもあるけれど、ここの野菜、あきらかに市場の野菜よりおいしい!
私は3キロコースなので、欲しい野菜を2つ選べてその他はお任せ。(いらない野菜はいくつも選べる)

毎週何が来るか楽しみ且つドキドキ(調理の腕がないので)なのだが、今回入っていた中で「おお、そうか。君がきたか。」と思ったのは、コレ。
IMG_0999-001.JPG

 ↓巨大さがわかるように握ってみた。
IMG_1000-001.JPG
ら、ゆみこの手が大きすぎて、野菜の大きさがあまりわからなかった。

ということはおいといて、この野菜中国語では莴笋(wosun)、日本語だと茎レタスという。
巨大なワサビみたいな形状。

茎レタスという日本名の方を今回初めて知ったのだが、衝撃だったのが配達の際に「これ、日本人の方には馴染みがないので、皆さん葉っぱは食べられるけど、下はどうすれば良いかわからないと言われるんです」と説明された事。
ゆみこ的には「下は食べるけど、葉っぱは食べない野菜」だと思ってた!ひー。
そうだよなー、こんなにワサワサしげってるんだから葉っぱが食べられないってことはないよなぁ。
ちなみに自分たちで買ってきた時は、葉っぱ捨てちゃってた。

この茎の部分は、もとの姿を見ると「どうやって食べるの?」と思うかもしれないけど、実は皮をむいて細切りにすれば中華料理の冷菜でよく出てくる姿になる。
あ、皮は結構厚いのでピーラーではなく、包丁で固い部分を思い切ってガンガン落としたほうがいいと思う。
IMG_1001-001.JPG
こんな感じに切って、塩とごま油を絡めるだけでさっぱりおいしいおかずになる便利な野菜、それが茎レタス。

葉っぱは後日肉と一緒に炒めて食べた。
潤田農園の野菜だからかもしれないけど、葉っぱ部分も「今まで捨てててごめんね」と思うくらいおいしかった。
でもやっぱりこの野菜の主役はこの茎の部分だけどね!

オマケ
IMG_0988.JPG
前に行った四川料理のレストランで、スープのあまりの大きさに驚いて、大きさがわかるように比較対照として握りこぶしを写したら、やっぱりゆみこの手が大きすぎて逆にスープが全然大きく見えないの図。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。