2012年05月17日

可愛い緑茶

お茶教室のTさんが緑茶を持ってきてくれた。
とても優秀とは言えないが一応評茶師のクラスなので、珍しいお茶が手に入ったときはみんなで持ち寄り飲んで評価するのが習慣みたいになっているのだけれど、初夏のこの時期においしい緑茶は嬉しい。

Tさんが地元の人から貰った貴州の山で摘まれた緑茶だというのだけれど、これがすごーく柔らかな甘みがあって緑臭さも一切なく、体にじんわり染み入るようなおいしいお茶だった。
原料には芽の柔らかい部分だけが使われていて、一緒に試飲したお茶教室の先生のテンションあがりっぱなし。
「これ、美味しいわ〜。こんなの初めて飲んだ。あー、これ北京で買ったら間違いなく500グラムで3000元はするわよ。市場の価格でよ。お茶屋で買ったらいくらになるかわからないわ。え、そんな簡単な包装でもらったの?う〜ん、この香り。口に入れたときの広がり。高山茶の特徴がでていて...以下続く」
お茶の評価とお金の話が見事に混ざっているところ、さすがです!

2回分の茶葉を貰ったので、家でも淹れて飲んでみた。

IMG_1055.JPG

IMG_1057.JPG
芽がぷっくりと太っていて艶々してて、赤ちゃんみたいだった。
中国茶って、一言で緑茶と言っても本当に種類が豊富で、もちろん味わいも様々でそれが楽しい。

IMG_1023.JPG
これは別の日に淹れた碧螺春。清明節の前に摘まれた「明前茶」と呼ばれる物。
よーく目を凝らすと、お湯に毛のようなものが浮いているのが見える。

季節によって、気候によって、淹れるお茶を考えるのも中国茶の楽しいところだ。


posted by ゆみこ at 18:20| Comment(0) | お茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。