2012年12月18日

骨折生活

李先生が色々と調べてくれ、最終的には手術はしない方向で決定!!
嬉しい、嬉しすぎる…
セカンドオピニオンって大事。
(前の先生の診断が間違っていたわけではなく、手術をした方が治りは早いらしいので欧米とかでは手術が普通なのかも。けれど、日本に帰ってから聞いた限りでもこの症状の場合は普通は手術はせず固定するそう。最初の先生は手術しないという選択肢をくれなかったので、やっぱり病院を変えてよかった!)

が、手術しないということは少なくとも1ヶ月は固定しておかなければいけないということで、左手生活を色んな人にささえてもらった。
特にAさんとゆみんぐちゃん、そして王アーイにはしょっちゅう食事を作ってもらい、きちんとした食事で骨を形成できたのでとってもありがたかった!中国では骨折したときは「骨のスープ」を飲むと良いと言われているので、王アーイはバスで1時間半かけて土鍋に入れたスープを運んできてくれて感動。
食べて治す、という考え方大好き!

Aさんにはお手伝いさんも紹介してもらったのだが、気軽にお手伝いさんを頼めるなんて北京ならでは。
そう言う意味では日本で骨折したら、もっと大変だったかもしれない。

家の前の道が悪く、自分のことが全く信用できないので、二次災害を防ぐために夜間の外出は一切しないことにしたのだが、たくさんの友人が差し入れを持って遊びに来てくれて、それもすごくありがたかった。
家でゆっくり友人と話す時間が持てて、これも骨折のおかげかも…と思ったり。

ちなみに骨折してから、中国人の友達から果てはお医者様にまでいわれ、誇張ではなく30回は聞いたと思うフレーズが「傷筋動骨一百天」要するに骨折したら完治までに百日かかるという意味で、中国では決まり文句のように浸透しているらしい。
同じく今年骨折した友人も「俺も百回くらい聞いた」と言っていたけど、怖いのはあまりに言われすぎて自分の中にもしっかり刷り込まれ、今に至るまで100日まであとどれくらいか考えてしまうこと。
まあ、昔から言われていることには道理があるだろうし、お医者様まで言うくらいなのだからなんとなく目安にしてもいいのかも。
帰国前に新しい言い回しを覚えられて良かった♪

さて、ゆみこが骨折生活の合間に頑張っていたこと、それは高級評茶員の資格取得。
なんとなく習い始めた中国茶にすっかりはまり、茶芸師の資格を高級まで取ったあと、評茶員の資格を取るために勉強していた。
実はのっぽめがねは9月末に先に帰国しており、10月から新しい職場で働き始めていて、私は資格を取るために一人で北京に残っていたのだった。そして骨折したのだった…。
ちょうど試験の数日前にギブスが取れ、なんとか試験にパスしたので北京でやりたいと思っていた事の一つは達成できた!

さあ、あとは食べるだけ!!!

posted by ゆみこ at 12:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月04日

骨折の顛末2

ご無沙汰してます。日本に帰国しています。
11月までと言っていたこのブログ、北京生活最後を書き綴るまでもう少しお付き合いください。

さて、骨折の顛末その2

朝、水のペットボトルを左手で開けられずカッターでつながっている部分を一つずつ切り離してなんとか開ける。
所要時間約20分。着替えるのも一苦労。あー、もう自分で蒔いた種とは言え本当に不便!!!
9時の予約だったため、外でタクシーを捕まえようとするもちょうど通勤時間帯で片手固定に慣れない私はどんどんほかの人に追い抜かれてしまう。
そうこうするうちに雨まで降ってきて、傘をもってレントゲンを抱えてというのがどう考えても無理で近所に住む友人Dさんに電話でヘルプを頼み迎えに来てもらった。
病院に行くとそこは名前のとおりまさにオアシスぴかぴか(新しい)
昨日の野戦病院さながらのローカル病院と違い、受付スタッフの人々は笑顔で感じがよく、パーテーションで仕切られた個室でプライバシーを守られながらゆったりと初診の際に必要な書類を記入。(Dさんが代筆してくれた)ロビーにはなぜかグランドピアノもある。
日本部部長のLさんも来て下さった。Lさんは良い意味で近所の世話好きのおばちゃんという感じがして安心できる。

Lさんに案内されて外科の李先生に診てもらう。
李先生は中年の女性で、以前は私が昨日運ばれたJ病院で勤務されておりその後しばらくアメリカの病院で勤務されていたそう。
昨日は絶対に手術と言い張られていたので、心の中はもう手術するしかないなぁと半ば諦めムードだったのだが、レントゲンを見た李先生は一言「私だったら手術はしない。」
え、ホントに!?
「ここは神経が集まっている大切な場所だから切るのが最善の選択とは思わないし、手術した場合としない場合の違いがそこまで大きくなるとは思えない。でも、あなたを昨日診た先生がなぜ絶対手術をしなければいけないと言ったのかは気になるから、J病院の肘の専門の先生に問い合わせてみましょう。それからあなたを実際に診たJ病院の当直の先生にも聞いてみます。もし、手術をしなければいけないならば、どうして手術が必要なのか、という点をはっきりさせてからしましょう。その時には助手としてJ病院から手術が大好きな先生も呼んであげるから安心しなさい。」
李先生素敵すぎる!
ここまできちんと責任を持って診てもらえて、心から安心。
ああ、本当にオアシス。

もしかしたら入院になるかもしれないので、一応病室も見せてもらった。
私が今まで見たことがある日本の病院のどの個室よりも綺麗でベッドもソファーもフカフカ。
バスタブはないけれど、シャワールームのタオルもピカピカのホワホワ。
「何も持ってこなくて良いので、暇つぶしの本だけ準備して来てください。」とLさんの言うとおり、今ここで入院と言われても「はい、わかりました。」と言えてしまいそうな設備。
骨折して以来髪を洗っていない私の為に、看護師さんが病室のシャワーで洗髪までしてくれた。

この時点でつくづく思ったのは、海外旅行保険に入っているならば、もしも入院や手術が必要かもという症状の場合は最初からこういう入院設備がある病院に来るべきということ。
今回私の場合は手術するにしても一週間以内にすればよいという状態だったので転院できたけれど、これが複雑骨折とかで緊急を要する場合は有無を言わさず転院先で手術、入院だっただろう。

「明日また連絡するので、それまで家でゆっくり休んでくださいね。」と病院を送り出され、帰りににDさんにユニクロに連れて行ってもらった。
自分の服だと固定した腕が通らないので、メンズのXLのシャツとTシャツを購入。
タグも袋もお店の人にすべて取ってもらって、そのまますぐ着られる状態にしてもらった。

セブンイレブンでサンドイッチを買って、家まで送ってくれたDさんにペットボトルを3本ほど開けてもらってやっと一息。
まだ手術をしなければいけないかもという緊張感と骨折したショックはあるものの、気持ちはかなり落ち着いてきた。

夜は日本から帰国したばかりのゆみんぐちゃんが様子を見に来てくれ、二人でホットモットのお弁当を配達してもらって食べる。
まだ食欲が完全に戻っていないので、全部は食べられなかったけれど人と一緒に食事ができるありがたさをひしひし感じたのだった。

posted by ゆみこ at 09:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。