2012年01月16日

春運開始

今朝の携帯ニュースのタイトルは首個春運小高峰

春運(chun1yun4)というのは旧正月の帰省ラッシュの事で、タイトルは「帰省ラッシュピーク第一波来る」みたいな感じ。
春を運ぶという言い方はちょっと素敵だな〜と思うでしょ?
しかし騙されてはいけない。運んでるのは春ではなく人民、人民、人民更に人民そして荷物である。

知り合いの女の子が買った列車の切符は故郷までの10時間の立ち席。
10時間の立ち席ってなんぞや!?
いくら20代でも10時間ギュウギュウ詰めの電車で立つか荷物の上に座るかは相当辛い。
私は上越新幹線の3時間ちょっとでも「もう無理」と弱音を吐いた。

でも「大晦日の前に家に帰れる切符が手に入っただけでも良いんです。」と嬉しそうに笑う。

今年の旧正月はちょっと早くて1月中にやってくる。
花火と爆竹販売の屋台が設置されオープンを待つばかりになっていて、街も人もどこか心ここにあらずみたいなソワソワした空気が私はとても好きだ。

今年の旧正月はに本に帰らず北京で過ごす事にしたので、賢い奥様のワタクシは事前に水を注文。
旧正月中は出稼ぎ労働者の人達も一気に帰省するので、近所の小さな屋台やお店はいっせいに閉まるのだ。
IMG_0560.JPG
いつもは1.5リットル入りを2箱ずつ買っているのだが、4箱まとめて購入。
注文の電話をしたら「今、旧正月前で忙しいからちょっと遅くなる。」と言われて「やっぱりみんな考える事は同じなんだ〜。在庫が無くなる前に頼んでよかった。ああ、私って用意周到。」と悦に入る。

配達に来てくれたのはいつものおじさん
「お前なんで今日は4箱なの?」
「ほら、旧正月でお休みになっちゃうでしょ。おじさんいつ帰るの?」
「え、帰らないよ。家族全員で店に住んでるから。何か欲しかったらいつでも電話しろよ。」

...。
まあ、こういうこともあるよね。

IMG_0563-1.JPG
昨日、道に落ちてた。
posted by ゆみこ at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国の行事など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。