2012年01月28日

中国式春節@我家

1月25日の出来事。

旧正月や国慶節など節句に北京にいる時は、のっぽめがね(夫)が習っている武術の先生のお宅へいつもご挨拶にいくのだが奥様に「今年はウチが行くから。」と宣言されてしまった。
日本でもそうだろうけど中国式でももちろん先生の家に弟子が挨拶に行くのが当然であり、先生に出向いてもらうなんて聞いた事ないが「そんなの気にしないから!行くから!」と譲らない。
「じゃあ、ウチでお昼ご飯食べていってください」
と言うと「もちろんそのつもりよ!」

そうですか、そうですよね。

先生の奥様王アーイー(王おばさんワンアーイーと読みましょう)は南方出身で、超お料理上手。

いつもお邪魔すると「ご飯を食べて行きなさい」と言ってくださるのだが、なんとなく悪い気がして遠慮していたのだけれど、それがとても気になっていたらしく本人曰く「今年は逃がさないわよ」との事。

当日我家にショッピングカートを引きずってきた王アーイー。
先生とのっぽめがねが武術のDVDなどを見ているのを横に「さあようめいずぅ、ご飯の支度をしましょう。」とカートからタッパーやビニール袋に入った食材をどんどんキッチンに並べていく。
「これはもう出来てるから、切ってお皿に並べるだけよ。ほら、どうせ白酒を飲むでしょうから、おつまみね。」
「あ、これはね、肉はもう煮込んであるから野菜を入れて火が通ったら出来上がり。カレー粉はある?あったら入れましょう。ちょっとカレー味にすると美味しいのよ。」
「これはねぇ、レンコンにもち米が入ってるの。アメリカに住んでる娘もこの前作ったって言ってたわ。」

一応我家でも、何種類かのおかずとニラのチヂミの下ごしらえをしてあったのだが、まさに王アーイーの台所が我家に移動してきた様相。
前回のT家に引き続き「ウチ、何もしなくてよかったんじゃ?」状態。

お酒を開けて、みんなで「健康を祝って」とか「辰年が良い一年になりますように」と言い合いながら乾杯!
途中で共通の友人から新年の挨拶の電話がかかってきて、「今、先生たち来てるよ。」と言ったら「え、じゃあこれから行きます。」と更に人数が増え、大勢でおしゃべりしながら食べ続けるという中国式の春節を楽しんだ。

王アーイーのお料理はどれも美味しかったのだけれど、特に鴨の砂肝の冷菜がくどくないのに味がしっかり染みていてものすごく美味しかった!
ザラザラ感が残っている砂肝は苦手なのだけれど、しっかりと火が通っていてコリコリになっている砂肝は大好き。材料が新鮮じゃないと美味しく出来ないとのことだけれど、そうだろうなぁ。
そして、やっぱり身の方は北京ダックとしてどこかのお店に登場してるんだろうか?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。