2012年05月19日

黒酢黒豆

IMG_1100.JPG

以前、お料理上手な王アーイがくれた黒酢黒豆。
王アーイのお家で出してもらった、きゅうりと合わせる冷菜がさっぱりしていておいしいので、私も作ってみた。
作ったと言っても、王アーイがくれた黒酢黒豆に氷砂糖を溶かし、それに切ったきゅうりをあえるだけ。

この黒酢黒豆、材料は黒酢と黒豆のみとシンプルなのだが、食べられるようになるまで3ヶ月の時間を要する。
以下、王アーイに言われたことを書き出してみる。

いい、ようめいずぅ(私のこと)、まずは黒豆をしっかり洗って干しておくこと。
次にきれいな瓶、しっかり蓋ができる瓶に豆を入れて、豆の2~3倍くらいの黒酢を注ぐだけ。
簡単でしょ?
で、これを3ヶ月置いたら食べられるようになるから!
あ、黒酢は良い黒酢を使いなさいね。山西省のお酢がいいわね。
3ヶ月寝かさないと、豆の毒素が抜けないから、必ず寝かすこと。そしたら豆を生で食べても大丈夫よ。冷蔵庫に入れる必要はないから、日光が当たらない涼しい場所において置きなさい。
これ、あげるから、お酢を使ったら、新しいお酢を継ぎ足して使いなさいね。

と、言い聞かされ、お土産に黒酢黒豆を貰った翌朝7時。王アーイから携帯にショートメールが。
ようめいずぅ、昨日言い忘れたわ。黒豆黒酢を使うときには、必ず氷砂糖を入れること。必ずよ。
同じ文面が2回送られてきたので、氷砂糖を入れるのはよっぽど重要に違いない。

そう言えば、昔日本で「黒酢黒豆ダイエットって流行らなかったっけ?」と思って、調べてみたら、いろんな黒酢黒豆のレシピが出てきたけれど、どれも加熱して作るものばかりで、王アーイのように生で3ヶ月漬けるという方法は載っていなかった。
そして、中国のサイトで検索してみると、加熱する作り方と王アーイのように加熱しない方法の両方が見つかったが、加熱しない方が豆の成分が損なわれず一番効果がある書いている人を発見!(その人は半年〜1年寝かせるとよりよいと書いていた)

私もこの生の黒豆の食感にもちょっとはまってしまったので、王アーイの方法で作ってみようかな。
本当にダイエット効果があるなら、大量にしこまなくっちゃ。うっふっふ。

ところで、お皿の下に置いてあるまな板だが、この前カルフールにて購入した竹のまな板。
竹のまな板なんて初めて見たなぁと手にとって眺めていたら、店員さんに
「それちゃんとしたメーカーのだから大丈夫。本物の竹よ!」と声をかけられた。
え、そこは疑ってなかったけど!?

このまな板、買いたての頃はお湯で洗うと笹団子みたいな香りがして和んだ。欠点は、リズムよく切れないと、ヒールの高いサンダルで階段をカコーンカコーンと下りてるみたいな音がする事。
この記事へのコメント
ねぇねぇ、黒豆はなんでもいいの?丹波の黒豆みたいなのがいいのかしら…。そもそも、いい黒醋が手に入るのか…。興味あるなぁ。
Posted by K姉 at 2012年05月22日 00:13
K姉さん:北京では丹波の黒豆みたいな良い黒豆は手に入らないよ〜(笑)普通の黒豆です。
写真の黒豆もお酢を吸って大きくなっただけだよ。
黒酢は日本だと良いのいっぱいありそうだけど、高そうだよね。
我が家は最近お茶も黒豆茶にして、ダイエット効果を狙っています!黒酢黒豆とか黒豆茶で検索すると、いろんな作り方が出てきて楽しいよ。
Posted by ゆみこ at 2012年05月23日 17:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。