2012年06月19日

魅惑のアマン

5月末に遊びに来たおしゃれ番長Rさんとお友達。ゆみこと行く北京3回目の番長をいったいどこに案内すれば…と考えて、まだ行っていなかったAman頣和園にご案内。
ところが、当日中華レストランは団体客でいっぱいだという。

「雰囲気が見られればよいし、アフタヌーンティーで十分」とおっしゃる皆さんの優しさに甘えて、アフタヌーンティーを人数分オーダーした。

IMG_1130.JPG
じゃじゃーん!!
これ、北京で食べた中ではピカイチのアフタヌーンティーだった。
開始と同時(13時から)に食べ始めたからか、パンもパサついてなかったし、甘い物も充実。
実は前に中華式アフタヌーンティーも食べたことがあるのだけど、満足度はこちらの方が高かった。
景色の写真がないのが残念だが、西洋式のアフタヌーンティーは池とそのほとりにゆれる柳の木という北京らしい光景を眺めながら食べられるのも良い。
(中華式はちょうど四合院の中庭を眺める感じ)
もちろん、日本のスイーツレベルとは比べられないので、旅行に来てまで食べるべきかというとちょっと悩んでしまうが、北京に住んでいて優雅な気分を味わいたい時はとても良いと思う。
IMG_1136.JPG
エントランスを入ったところ。
暗くて見えないが、右端に琵琶の生演奏をする女性が。
うーん、一度で良いので泊まってみたい。そして秘密の扉から早朝の頣和園に行ってみたい。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。