2012年07月22日

豪雨

えー、まずはおとといの話から。
おととい仕事の話をするために、すごーく久しぶりにヒールを履いて出かけた。
そしたら帰りに「あー、もう本当に歩けません。無理無理。」くらいに足が痛くなった。
→近くにあったショッピングモールにて超いけてないサンダルを74元にて購入。
→その場で履き替え。
→そして、その場に時価1000元以上の子供服が入った袋を置き忘れる。
→家に帰って気づいて半泣き(家に帰るまで気づかなかった)で、ショッピングモールの電話番号を調べて電話。
→すぐに私が靴を買った店舗に確認に行ってくれる。
「ありました」と電話。
神はいる!!!!ありがとう店員さん。ありがとうショッピングモールの人たち。と有頂天になる。

という一連の出来事があった。

昨日の北京は午後からすごい豪雨に見舞われた。もう、雨季?タイ?くらいの勢いで降り注ぐ雨。
午後1時すぎの第一回目の雨から夜まで、ザーっと降っては小降りになり、またすごい大雨になるの繰り返し。

そして、ゆみこ、午後一回目の雨が一番強い時間、外を歩いていた
あー、7月の運は前日に使い切っちゃった感じ?

昨日は昔勤めていた会社に来ていた実習生からお昼に誘われ、非常に気分良く外出。
楽しくランチをし、亮馬橋の地下鉄駅に向かう途中からポツポツと雨が降り始め、たった一駅の三元橋に着いたときには豪雨。
駅で待っててもすぐに小ぶりにならなそうだし、そうこうしているウチに道路が河になることは目に見えていたので、豪雨の中帰宅することを選択(傘は持ってた)。
で、この選択が見事に間違っており、これ以上強くなりようがないと思っていた雨の威力がズンズン増し、傘を差しているのに横殴りの雨で肩からビショビショ。
パンツにいたっては、すそが濡れないようにロールアップした部分に水がたまり、重みでロールアップが一段ずつ降りてくるという現象が!!!
たった5分程で、道行く車に水をはねられてももはやなんとも思わないくらいびしょ濡れに。

道路を歩いているはずなのに、足元の感触はもはや常に水。
バッシャンバッシャン何が入っているかわからない汚水を掻き分け、やっとの思いで自宅に到着したら、全身からドブの匂いが漂っていて泣いた。
全身ビショビショに濡れた妻withドブの匂いにタオルを差し出すのっぽめがね。
玄関で足を拭いて、そのままバスルームに直行し、着ていた服は洗濯機に放り込み自分も洗った。

唯一の救いは、昨日はいていたのがおととい買ったイケテナイサンダルだった事(あれ?愛用?)。
あれが高い靴だったら、もう真っ白に燃え尽きて灰になるところだった。
神はいる!!!!

本日晴天なので、これからイケテナイサンダルも丸洗いしよう。
posted by ゆみこ at 10:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月20日

風水

友人Dさんのオフィスがお引越しをした。会社の経理担当(中国語でいうところの財務)のHさんは、まだ新オフィスに行ったことがないらしい。

H「私の席の後ろは壁でしょうね?」
D「いや、窓だけど。」
H「はぁ?経理担当者の席は絶対に後ろが壁じゃないとダメなのよ!!!」
私「え、どうしてどうして?」(面白そうなので参戦)
H「風水よ!経理担当者の後ろが窓とかガラス、透明の板とかだとお金が逃げていくと言われているの。」
D「今どき、そんな」
H「そんな風に言うけど、前の会社のときは席替えをして、経理が壁と背中合わせの席になってから明らかに業績が上がったのよ!中国人ならもっと風水気にしなさいよ!」
D「だって、Hさんもともとそんなに会社に来ないし。(Hさんは殆ど在宅で、必要な時に出社しているらしい)」
H「そういう問題じゃないのよ。」
D「わかった。オフィスの構造上、席を変えるのは難しいから、来たときは会議室で仕事をしたらいいよ。あそこは後ろが壁だ。
H「まあ、それでいいわ。」

おー、やっぱりないがしろにはしないのね、風水。

H「ゆみこちゃん、中国ではね大きな会社になればなるほど風水をちゃんと気にするの。東四十条(地名)の保利大廈の斜め向いの建物、ちょっと不思議な形でしょ?あれは保利が二つの剣見たいな形だから、その影響を受けないように考えられて作られた建物だからなの。風水はすごく大切なのよ。」

へーーーーー!!!!!
Hさんの口ぶりは、日本の「縁起を担ぐ」というレベルではなく、「当然そうするべきこと」という感じ。
香港でもわざわざビルに龍の通り道を作ったりするらしいもんなぁ。

もしもあなたの会社の経理担当者が窓やガラスを背にしているなら、試しに席替えしてみると良いかも。
Hさん曰く「どうしても、どうしても窓を背にしなければいけないなら、すりガラスにすればまだマシ。」だそうだ。
posted by ゆみこ at 10:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月05日

お知らせ

えー、イマイチ何をしているのか謎だと言われるゆみこですが、現在は在宅翻訳をのんびりしております。
そして6月より始めたのが、子供服と石鹸の販売のお手伝い。
某Sさんに「ニート主婦の時が一番輝いている」と太鼓判を押されたので、自宅に引きこもりながら、外界とも多少の接触を持とうと思っています。

ということで、突然ですが宣伝です!
7月7日に、ロイヤルクイーン料理教室にて私が手伝っている、CHEEK ROOMとuncle greg soapの両方の販売会をします!
が、それだけではお客さん集まらないかも…と不安にかられ、北京ではすでに有名な中国茶販売の蓮花記さんと合同販売会にさせて頂きました!!
蓮花記さんのお茶、美味しいだけではなくパッケージもきれいなので贈り物にぴったりです。
トモコさんのブログ(→)に商品写真がたくさん載っているので、是非是非ご覧下さい!
し、か、も、ロイヤルクイーンさんからは水羊羹のサービスあり。
お茶、服、石鹸が一度に買えるイベント、お菓子付き。これは足を運んでいただく価値ありと思います!

蓮花記・CHEEK ROOM・uncle greg soap合同販売会

日時:2012年7月7日(土) 10時から15時まで
場所:ロイヤルクイーン料理教室 
(朝陽公園西路9号 9号公寓3単元101)

それでは、ここから商品のご案内です。
CHEEK ROOM
IMG_1230.JPG
まずは、性別問わずに大人気のパンダTシャツ。
他にグレート青があります。お土産に、と3枚一気に買われる方もいるほど人気です。
IMG_1231.JPG
CHEEK ROOMは知育服というコンセプトの通り、洋服に可愛い工夫がいっぱいです。
このパンダの服は、ペロンとめくると果物の絵が出てきて「りんごどれ?」とか「黄色いのは何?」など、コミュニケーションを取りながら知識を身に着けていけます。
IMG_1232.JPG
前回のユナイテッドのイベントで、男の子たちに大人気だった車のTシャツ。
IMG_1233.JPG
ボタンの練習ができるようになっています。

CHEEK ROOMは大阪babyroomさんが開発した子供服で、私の古くからの友人が中国での正式な販売権を取得しました。
私は中国人の彼には難しい、北京にお住まいの日本人向けの市場開拓を頼まれたのですが、正直に言うと最初にを聞いたときにイメージが湧かず「変な服だったら、何と言って断ったら良いだろう。」と悩みました。が、実物を見たらあまりに可愛くて、まず自分がその場で衝動買い(笑)
北京ではすでにユナイテッドファミリーデーと、酒仙公寓、また某公寓内のご自宅販売会を行っており、お蔭様で好評を博しております!
お問い合わせは、下記メールまでお願い致します。

連絡先:cheekroombeijing*163.com (*の部分を@に変えてください)

uncle greg soap
IMG_1228.JPG
この石鹸、実は私はずっと一ユーザーとしてお付き合いしてました。
昔に比べたら軽くなったのですが、子供の頃からアトピー敏感肌で、北京の乾燥があまりにひどくなったり、季節の変わり目、また夏の汗をかく時期など、1年のうちに何回か肌が非常に過敏になり、ちょっとでも刺激がある洗顔料や化粧品を使うと肌がまだらに赤くなって痒くなります。
uncle greg soapは完全無添加で、gregさんが原材料にもとてもこだわって作ったお肌に優しい石鹸なので、そんな肌が敏感な時でも使え非常に重宝しています。(アレルギーの度合いやアレルゲンは人によって違うので、まずはパッチテストをされることをお勧めします)
私は髪もこの石鹸オンリー。シャンプーから切り替えた直後は、やっぱりゴワツキが気になりましたが2ヶ月くらい経った頃から、全然気にならなくなりました。

それに、何が良いって保湿力が素晴らしい!
もうね、アラフォーとしては少しでも逃したくないわけですよ、顔の水分。
軽いメークならこれで十分落ちる洗浄力も魅力。

こんなに良い石鹸なのに店頭販売をしていない為、今までは知る人ぞ知るみたいな存在でした。
子供服の販売を始めたのをきっかけに、皆さんに一緒にご紹介できれば…と販売代理をしています。

連絡先:unclegregsoap*163.com(*の部分を@に変えてください)

さて、7日の販売会でのお勧めはこちら(写真暗くてごめんなさい)
IMG_1227.JPG
uncle greg soapの屑石鹸詰め合わせ
石鹸加工の際に出た、粉や小さな塊を集めました。
実はこれ、ものすごーく便利なんです。
タッパにいれて熱湯を注いで一晩置くと、柔らかい石鹸の泥ができるのでそれをお掃除や洗い物に使ったり。
バーミックスでかき混ぜてゲル状にして、ハンドソープや石鹸シャンプーにしたりと用途はいろいろ。
uncle greg soapのベーシックシリーズ110gの石鹸の定価は60元、漢方シリーズは85元ですが、こちらの屑石鹸詰め合わせは200g50元で販売致します。
見た目は悪いですが素材は同じ無添加石鹸ですし、本当に使い勝手が良いのでお勧めです!

以上、宣伝でした。

オマケ
IMG_1235.JPG
我が家で愛飲中の蓮花記のお茶。見よ!このパッケージの可愛さ!!
やっぱり夏は白茶。寿眉は白茶の中でも安価でザブザブ飲める、素敵な存在。
そして、岩茶はお茶に関して若干スノッブになりつつある私や友人も文句なしの質。
こちらは丁寧に淹れて、じっくりと味わいたい。
さすがトモコさん!と蓮花記のお茶を飲むたびに思います。
日本語で淹れ方が丁寧に書いてあるので、お茶初心者の方でも美味しく淹れられますよ〜。
posted by ゆみこ at 00:22| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月19日

下がった!!

昨日タクシーに乗った時のこと。

降りる時に、メーターが16元だったので、燃料費3元を合わせて19元と計算して20元札を渡す。
ところが運転手さんがおつりを2元渡してきた。

「あれ、違いますよ。燃料費3元でしょ?」
「いや、今日からまた2元に戻ったんだよ。」

えー、そうなの!?
一度あがったら二度と下がることはないと思っていた燃料費、ちゃんと下がる事もあるのね〜。
このメーター外のお金、なかなかの曲者で、先日も某高級ホテルの車寄せで外国人女性がおつりが少ないと怒り出し、ホテルのポーターが英語で説明していた。
納得してお客様が降りると、運転手に「最初から燃料費のレシートも一緒に渡せば誤解がないんだから、そっちも気をつけろ。」と苦言を呈していたが、確かに燃料費のレシートってなぜか言わないとくれない運転手さんが多い。
私も、言葉がわからない頃だったら絶対に騙されたと思っただろう。

最近の北京はあまりにタクシーが捕まらないので、できるだけ地下鉄とバスで移動しているけれど、予想外の値下げってやっぱりなんだか嬉しいなぁ。

posted by ゆみこ at 18:36| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月06日

すごい!

IMG_1151.JPG

北京在住、ゆみこのリアル友のみんな、喜べ!!!!
現在私の家にある雑誌と本。こんなにたくさん〜!!!!
5月末に遊びに来たおしゃれ番長とお友達からのありがたい差し入れです。

ということで、モチロン貸し出します。
希望の雑誌をゆみこにメールでお知らせあれ♪
posted by ゆみこ at 14:58| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。