2012年08月30日

内モンゴル旅行1日目

あれは8月12日だった。のっぽめがねと共に夕食を食べ、のんびり歩いていると
「あ、風が秋の風だ。草原から吹いてくるんだよなぁ、草原行こう、草原。」
と言い出した。

この人のこういうところ、私とそっくり同じなので何も言えず…
むしろ急な旅行は「はい、喜んで〜!」なのだが、草原、すでに寒いんじゃないのか?寒いところは苦手なので、それだけが非常に心配。

13日月曜、会社にいるモンゴル族の人にオススメを聞いてみると言い残して出社。
そして16日木曜に出発決定!
どうやら会社の同僚Sさんのお母様の実家があるシリンゴルの正ジョウ白旗という町で、ナダムという草原のお祭りが開かれるらしいのだ。

結局、同僚Sさんもなぜか一緒に行くことになり、Sさんの彼とその友達も一緒に行くことになり、Sさんのお母さんもフフホトから実家に帰ることになるという一大イベントに発展したのであった。

ということで8月16日

Sさんの彼が車を出してくれたため、夕方に北京を出発。
車で約1時間半も走ると、景色はどんどん変わってくる。
緑が増えて、大きな風力発電の装置がぐるぐる回っていたり。

途中で一回、貨物運送トラックの渋滞に巻き込まれたが、内モンゴルに近づくにつれて対向車も前後も他の車両がない状態になり、Sさんも車で行くのは初めてということで、日が暮れてからは道を間違えないように何度も確認しながら進んだ。(でも一回間違えちゃったけど)
内モンゴルに入ってからは、高速道路の標識もモンゴル語と中国語の併記に変わった。
Sさんは「昔はこんな気遣いはなかったから、政治家が変わったんだと思う」としきりに感激していた。
フフホトで育ったSさんは、自分は親の意向できちんとモンゴル語が学べる学校に行ったが、中国語しか使わない学校がどんどん主流になっていて、モンゴル語を話せない、書けないモンゴル族がたくさんいるの、と寂しそうに話した。
高速を降りて、窓を開けると風が草の匂いで、のっぽめがねの「緑茶の香りがする」と言う一言がなぜかみんなに大ウケ。
小さな村の舗装してない道を通り抜けて、現地にたどり着いたのは夜の9時過ぎ。
約4時間半ちょっとのドライブ。うーん、近い!

Sさんのお兄さん(実の兄ではないが、近い親戚の人)夫妻と小学生の息子が、レストランに案内してくれた。
IMG_1363.JPG
まずは、お約束のミルクティー。
このしょっぱいミルクティーが私ものっぽめがねも大好きなのだが、一緒に行った漢族のLさんも「チベットに行った時に、最初は慣れなかったんだけど飲めば飲むほど美味しく感じ、最後には水筒を買って入れて持ち歩いた。」というほど好きで、みんなでガブ飲み。
やはり漢族や外国人は最初慣れない人が多いらしく、私たちの飲みっぷりにSさんもお兄さん夫妻も喜んでくれた。

次に出てきたのが
IMG_1364.JPG
沙葱(shacong)
これ、今回絶対に食べたいと思っていたので、最初に出てきて本当に嬉しかった。
7年くらい前に北京のモンゴル料理屋で食べて、その時一緒に食事をしていたモンゴル族の人が「内モンゴルの羊は新鮮な沙葱を食べてるから肉がくさくないんですよ。」と説明してくれたのだが、ネギのようなニラのような、ちょっとクセになる味わいなのだ。
しかも内モンゴルで食べた沙葱は7年前に食べたのと比べ物にならないほど新鮮で美味しかった!
ちなみに手前に写っているのは羊の油で揚げた揚げ菓子。塩も砂糖も一切付いていないのに、羊の油の旨みなのか噛み締めるとじんわり美味しい。しかも全然油っぽくなくてカラッと揚がっている。

しかし、これらが食卓に並んだあと、他の料理は一向に出てこない。
Sさんの彼Dさんが「おい、他の物は頼んでないのか?」と聞くと「もちろん頼んでるわよ。私たちはね、こういうのをつまみながらお酒を飲んで温かい食べ物が出てくるのをのんびり待つの。オーダーしたから作っているのは当たり前でしょ、それを急かしたら喧嘩になるから誰も何も言わないの。」
確かに北京で食事をしているときの「服務員〜〜(店員さぁん)」とがなり立てる声は聞こえない。
この町では、漢族の人たちもモンゴル族の人たちにうまく溶け込んでいるそうで、80%の人がモンゴル語を話せるのだそうだが、お互いに尊重し合いながら上手くやっているのだろうなぁ。

そんな話をSさんに聞きながらも、お腹が空いたみんなはなんとなくソワソワ。
しかし、待ちに待って運ばれてきた主食は、男性陣を含む全員が「いやいやいやいや、さすがにこれは無理」という量の羊肉の餃子に、羊肉を挟んだ餅(日本の餅ではなく中国式の)だった。
ものすごくお腹いっぱいなのに、なぜか餃子は一個、もう一個と食べたくなる不思議な餃子で、私もかなり健闘したのだがやはり食べきることはできず。
残すのはあまりに惜しい!!!と思っていたら、Sさんがちゃんとビニール袋に入れてお持ち帰りにしてお兄さん夫妻に渡していたのでホッとした。

小さい町なので、予約しておいてもらったホテル(超こじんまりしたモーテルみたいな感じ)も歩いてすぐ。
簡素だけれどお湯もしっかりでる清潔な部屋で満足して眠りについたのだった。
posted by ゆみこ at 18:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月27日

ウサギ鍋

あれはまだ初夏の頃。友達と飲んで帰ってきたのっぽめがねが私に必死で何かを訴えようとしていた。
「美味しかったんだよー。今日。ウサギ鍋。男3人でも量がいっぱいでね。美味しかったんだよー。日本人も好きな味だから今度一緒に行こう。いやぁ、美味しかった。」

ということで、どうやら美味しいウサギ鍋を食べ、量もいっぱいだったらしいのだがその他の情報一切わからず。
ちなみに日本人も好きな味、というのは妻には割とどうでも良い情報である。
ウサギ鍋は食べたことがないので行ってみたい。しかし、次の日聞いてもレストランの場所すらあやふやなのっぽめがね。

一度忘れかけていたのだが、やっぱり無性に行きたくなり約2ヶ月後に希望者を募り、10人で行ってきた。
(場所はのっぽめがねと一緒に飲んでたDさんに確認した)

*以下ウサギ好きな方にはあまりオススメできない画像が出てきます。

IMG_1355.JPG
ウサギ鍋の店なので、いたるところにウサギの姿が。
座席の背もたれにも、店のトレードマークがしっかり刻まれている。

IMG_1356.JPG
いくら10人って言ってもおかしいだろう、くらいの量をついオーダー。

IMG_1359.JPG
これが基本のウサギ鍋。
のっぽめがねが最初に来た時は、特に別に肉はオーダーしなかったと言っていたので、そんな馬鹿なと思っていたのだが、基本の鍋にすでにこのように山ほど肉が入っている。
これはウサギのロースと言えばよいのか?蛋白で柔らかく、ちょっと魚っぽいとも言える感じ。
そしてベースのきのこ出汁がよく出ていて、なるほど日本人の口にあうというのも納得!

で、もちろん鍋は美味しかったのだが、個人的に好きだったのが
IMG_1357.JPG
きゃ。

IMG_1358.JPG
ババーン。
そう、このウサギの頭が超食べ出があって、ほほの肉の部分も美味しいし脳みその部分もいけるし、余すとこなくありがとう!みたいな感じで非常に印象深かった。
みんなで「ピーターごめん」と言いながらガジガジしたのであった。

そして、食べるのに夢中で写真を撮るのを忘れたのだが、この店のゆみこのイチオシはウサギの腿肉の五香味。
蛋白な腿肉に程よくスパイスが効いており「ああ、ウサギ肉って美味しいなぁ」としみじみできるひと品である。
辛い味付けのものより断然「五香」がオススメ。

なんだかすごい人気店みたいなので、事前予約は必須。
個室料金はなかったし、ひと鍋がかなりの量なので、人数を集めて個室を予約しておくのが良いかもしれない。

和平里にある巴夯兔というお店デス。

オマケ:
IMG_1361.JPG
うさぎのミミガー
豚のほどはコリコリしていなかった。

2012年08月20日

可愛いお客さん3日目

車をチャーターして朝早くに万里の長城へ向かう。真夏の万里の長城、子連れだしさらっと流して帰ろうね、とNさんと企んでいたのだが…

長城に着いた途端にショーンが大はしゃぎ!
ああ、あなたのその生き生きとした感じ、うちののっぽめがねが初めて香港に足を踏み入れたときを思い出す。
あこがれの場所に来た男子って、みんな同じ目をしているのね。
意外な事に足がつかないリフトをモノともしなかったフィーちゃんが、なぜか長城の石に囲まれた感じが嫌だったのか「帰ろう。ねぇ、おうちに帰ろう。」と弱気に。
そして「トイレ行きたい。」

そのへんで売店を出しているおばさんにトイレの場所を聞き、リフトで楽々登ってきた道をちょっとだけ歩いて下る。
しかしこのちょっとだけ歩いて下ってトイレに行き、ちょっとだけ歩いて登っただけですでにNさんとゆみこは疲れを感じ、下でちゃんとトイレに行かなかった自分たちのミスを後悔。
それとは逆に子供はどんどん元気になっていき、最初は怖がっていたもののフィーちゃんもあっという間に長城を駆け回る。

どこまでも登りたいというショーンに「どうせそんなに高い所まで行けないだろう。」とたかをくくり登っていくのが見渡せる場所に座りこむ私とNさん。「登っておいで〜」と離したら、本当にズンズンズンズン登っていってしまい、「さすがにこれはアメリカだと虐待って言われるレベルかも」…と焦って「ショーン、カムバーック」と叫ぶNさん。
若干こだまが響き、通りすがりの欧米人がプッと笑う。
ああ、せっかくだったら登らせてあげたかった。でもおばちゃん無理。のっぽめがねを派遣するべきだったなぁ。
まだ登るというショーンを「帰ったら、カンフーを教えてもらえるよ。」と説得し、ボブスレーで降りる事に。
最初は尻込みしていたボブスレーだが、ゆっくり降りたので二人共降りきった時には「あと10回乗ってもいいくらい楽しかった」と言ってくれたてホッとした。
IMG_1328.JPG
汗だくになって、万里の長城を走り回る二人。と一匹。


お昼ご飯は市内に戻って、山西省のお料理が出るレストランで刀削麺や薄味の豆腐ときのこのスープなどを頼む。
リオ部長が来た時も麺が一番のお気に入りだったのだが、海外から来た子供は中華の濃い味付けが苦手な場合が多いので、麺はおすすめかも。
子供たちは餡はかけないで、スープに麺を入れて食べていた。

ここからのっぽめがねも合流して、一旦ホテルに戻り、中庭でカンフーの練習。
が、途中から鬼ごっこになっていた。
もちろん私とNさんは椅子に座って、写真を撮りながら眺める係。
IMG_1334.JPG
昨日買った衣装がばっちりきまっている二人。

IMG_1342.JPG
二人の心をしっかりつかみ、可愛い子供二人とがっしり手をつないで王府井を歩くのっぽめがね。
本日は彼にモテ期が!

この服のままで秀水へ行き、お土産購入。
秀水は久しぶりに行ったけれど、色んなものがゴチャっと集まっていて楽しい。
そして二人はここで大サービスでおもちゃを買ってもらって大喜び。

夕食は北京ダック、そしてかき氷のお決まりコース。
いっぱいおしゃべりして、お店の前で3人とお別れ。

それにしても、気楽な独身で北京でブラブラしていた私たちが、十年以上経ってまた北京で夫や子供を連れて再会するなんて感慨深いなぁ。
ショーンとフィービーが来てくれたのも嬉しかったけど、やっぱりNさんと北京で再会できたのが一番嬉しかった。
時間がなくて学校に行けなかったのが、残念。
留学時代は本当に楽しくて、そして仲が良かったみんなと今でも連絡をとりあえている事が何よりの宝物だと思う。
大学卒業して就職もせずフラフラしていたモラトリアム時代といえばそうなんだけど、大切な時間だったなぁ。

Nさんとは「次、またどこかで〜」と言って別れたけど、できればL.A.で会いたいわー。
L.A.なんて十数年どころか20年以上足を踏み入れてないけどね。ふっ。
posted by ゆみこ at 18:08| Comment(2) | ようこそ北京へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月14日

可愛いお客さん2日目

朝9時に北京動物園で待ち合わせ。3人が来る前に自分の分の券を購入。3人はパンダ餌やりツアー(詳しくは北京のMybusのHPをご参照あれ!)に申し込んでいるので、入場券は必要ないのだ。
いつもは門に向かって右手の売り場で入場券を買うのだが、この日は地下鉄の降り口から近かったので初めて左手の売り場に並んだ。
自分の番になって出されたチケットがいつもより高い。よく見るといらない船の券もついている!!
「船には乗らないのでいりません。動物園とパンダ園のチケットだけください。」
「じゃあ、あっちの売り場で買って。」
え〜〜〜〜!!!!
と抗議しても仕方ないのはわかっているので、おとなしくまた右側の売り場に並ぶ。
そしてお約束のように船付き券を出される。
「船の券はいりません。」と告げるとチッと舌打ちされ、いつもの動物園とパンダ園の入場券を出された。中国の人はみんな船が大好きみたいだから、それが一番売れる券なのだろうけど、とりあえず先に聞いて欲しい。そして嫌な顔せず売って欲しいぃぃ。

無事に券を手に入れ、3人と合流。
なんと、朝5時半から起きており、すでに天安門に行ってきたそう。すごいなぁ!!

同じく動物園前で合流した日本語ができるmybusのガイドさんに連れられ、まずはパンダ餌やりツアーの書類記入を済ませ、パンダ舎にGo!
3人が裏に入っている間に、私も外のパンダを堪能。もう、何回見たか思い出せないくらいだが、何回見ても飽きない。
20分後に3人と合流。
「なんか、パンダやっぱり大きいね。あと芸を仕込まれてた。」とNさん。
「あのねー、バンブーじゃない棒みたいな食べ物をあげたの。」とフィーちゃん。
そして、妙にパンダ舎の周りの竹林に興奮し、とうとう竹林に入っていくショーン。
Nさん曰く「カンフーパンダが大好きで、バンブー=チャイナみたいなところもあるから、竹がいっぱいなだけでテンションあがってるのよ。」なるほど!
その後、外のも中のも写真のも余すところなくパンダを見る。そして記念写真。
記念写真を撮っていると、なぜか知らない中国人まで私と一緒に二人の写真を撮っている。
IMG_1313.JPG
そう、この二人があまりにも可愛いので人の家の子なのに写真を撮る人が続出なのだ。
「朝の地下鉄からこの子達がパンダ状態」とNさんが言っていたが、まさに!

子供と一緒の炎天下の動物園。とにかくあちこち動き回る、動き回る。これ以上いたらキリがないのと体力が持たないで、大人の事情でササッと次の場所へ移動することに。
次に向かったのは三里屯の雅秀服装市場。ここで、フィーちゃんとショーンのチャイナ服を購入。
フィーちゃん「あれ、これステキ。」「ゆみこちゃん、これキレイね。これいいわよ。」といろんな物を物色。…私、あなたとなら一緒に買い物に行って普通に会話できそうな気がする。
「フィーちゃん、これどうかな?」
「ゆみこちゃん、それかわいいわよ。それ買ったらいいわよ。」
みたいな。

それにしても、この二人、本当にいろんな人に注目されるのだが、今回一番不可解だったのが、この服装市場の一階で見知らぬおじさんがなぜかいきなりショーンの手を取って、なぜかいきなり後ろから抱っこ。あの、あすなろ白書の俺じゃダメか?的な抱っこ。(え、知らない?)
そして、妙に和んでいるおじさん。よく分からずされるままになっているショーン。
「あの、ちょっと何やってるんですか?」
「へ?」
「いや、あの、ちょっとビックリしてるんですけど。(私が)」
「ああ、ああ、あああせあせ(飛び散る汗)大丈夫、なんでもない。没事。」
どうも、あまりに可愛いのでつい抱きしめてしまい、それを私に指摘され我に返って焦ったらしいのだが、気持ちはわかるけど何も言わずに実行するのはやめてくれ!

お昼は水餃子を食べ、お茶のお点前を見せたいとリクエストがあったので、歩いていける距離のお茶教室にご案内した。
北京は素敵な中国茶のお店がまだまだ少ないし、絶対に一人一種類ずつ頼まなければいけなかったりと妙に高い所が多いので、お土産購入も兼ねて先生に特別にお点前を見せてもらうことに。
中国茶のお点前にショーンはすごい集中力を見せ、そして淹れてもらったお茶を「美味しい」と目を輝かせて飲む。
ふっ、その違いがわかるようになると、美味しくないお茶が飲めなくなるよ〜。

お土産にお茶を買い、バスに乗って新源里に移動。「梅園」で宮廷ミルク菓子を堪能。
双皮奶(女乃)酪(一番プリンぽい)、宮廷奶(女乃)酪(プリントヨーグルトの間みたいなの)、酸奶(女乃)ヨーグルトの3つを頼んでみんなでどれが一番好きか言い合いながらつつく。
そしてバスに乗ってホテルへ。

王府井大街でまたしても写真を撮られまくりながら、ホテルにたどり着き(途中で憧れのジャスミン茶ソフトクリームも食べられて大満足!)、四合院のお庭でみんなでジュースを飲む。
庭付きホテル、いいなぁ。私の隣にどちらが座るかで争う、ショーンとフィービー。
「私、モテ期が来たかも〜。」といい気になっていたら、ショーンに真顔で「あの、モテ期はなんですか?」と尋ねられた。
ひ〜っ。大人はきちんとした日本語話さないとね。

夜はNさんが別で約束があり、私のアテンドはこれにて終了〜。
明日も元気に頑張ろう!おー!

posted by ゆみこ at 17:42| Comment(0) | ようこそ北京へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月12日

可愛いお客さん1日目

8月はじめの金曜日夜8時、LAから来る可愛いお客さんを迎えに北京空港に行った。空港行きの地下鉄を降りた瞬間に、ダッシュし始める若い女の子数人。
「こんな時間に飛行機乗るのかねぇ。」とのっぽめがねとのんびり話しながら到着ロビーに着くと…
IMG_1308.JPG
え、ナニコレ?
どうやら某有名韓国アイドルグループの出待ちファンのよう。
なんか熱気はすごいし、押されるし、うるさいし。
圧倒されまくり、とにかく人のいない所を探し求め、壁にぴったり貼り付く私たち。
隣には同じく、普通に到着の人を迎えに来たおじさんおばさんが。
「全く、こんな日に来るなんて。ついてないわよ。」
「私の友達、子供を連れてくるんでこの騒ぎに子供がびっくりしないかちょっと心配です。」
「びっくりしないわけないでしょ!可哀想に」
確かに…。

荷物が少なく早めに出てきた人たちは、自動ドアが開いた瞬間の黄色い歓声と、闇雲にたかれるフラッシュに苦笑い。
そして人の波をかき分けて、やっと出口へ向かう感じ。
うーん、ウチのお客様もこの中に出てきたら写真撮られまくっちゃって大変だろうなぁ。

しかし、結局アイドルグループは別の出口から出たらしく、それを目ざとく見つけたファンの一部が外へ飛び出し、他のファンも本当にザーッという音を立てながら走り去っていった。
さっきまでの喧騒が嘘のように静かになった到着口で、残った何人かのファンは丁寧に横断幕を畳んでいるのが微笑ましかった。

やっと静かになったね〜、とホッとしている所にグッドタイミングであの二人とMommyが登場!
私のブログリンクでお馴染みのこざるのしょーんとこうさぎふぃーびーの二人。
(残念ながらexblogの為、中国からはアクセスできません。それ以外の方は右手のリンク欄から飛んでください)

二人のMommy、Nさんとは留学時代のクラスメート。
あれは98年の出来事だったねぇ、と遠い目になる二人など全く気にせず、時差も気にせず着いた途端に飛ばしまくる二人。
ちょっと〜、5年前に会ったときはまだ赤ちゃんだったくせにぃ。

到着前ちょっと心配だったのが、普段アメリカで暮らす二人の日本語力だったのだけど(ゆみこ英語得意じゃないから)、予想以上に上手い!ありがとう、おばちゃん助かった!
本当にどこの国の子供もそうなんだけど、速度を落とすという事がなかなか出来ない!
早口で聞き取れなかったことを「もう一度言って。」とお願いすると大抵同じ早さで繰り返す。
で、もっとゆっくり言って、というと今度は「あ〜の〜ぉぉぉ」みたいな不自然な区切りと遅さで、また聞き取れないという。
日本語でもわからないときがあるのに、英語だととても聞き取れる自信がないからね。

さて、タクシーだが、最近中国も規則が厳しくなり、例え子供が2人でも後部座席に4人は乗せてもらえない。
なので私がNさんと子供二人を連れて、のっぽめがねが一人で乗る事にした。
運転手さんがホテルの場所を知らなかったため、電話をしてどうやって行けば良いかなどを確かめて、ふと後ろを見たらショーンがいない。
なんと、ほぼ初対面なのに何故かのっぽめがねと乗る〜と男子チームを結成し、もう一台のタクシーに乗ったらしい。
彼には人見知りという単語はないのだろうか。

新東安市場の向かいという、王府井の真ん中にある四合院ホテルは、入口がちょっと見つけづらいのを除けば、静かで趣もあって中国らしいなかなか素敵なホテルだった。
お部屋も普通の中国のホテルに比べると若干狭いけれど、日本人には全然OKな広さ。

ホテルにつくなりベッドに潜り込む二人。
ゆっくり休んで、明日から北京観光がんばろう、オー!!!

オマケ
IMG_1316-001.JPG
カルフォルニア産、ウニ酒盗(笑)
なんというか、本当に予想だにしないお土産だった。
このセンス、たまりません。
posted by ゆみこ at 16:31| Comment(2) | ようこそ北京へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。